インプラント|扇大橋の歯医者 青い鳥歯科医院|土曜診療

インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、 被せ物して人工の歯を作る治療方法です。
失った歯をこれまでと同じ様に機能させることが可能な画期的治療法です。


インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

患者様の現在のお口の中の状態を拝見し、今後の流れ、治療期間、費用等をご説明します。
他の治療法とも比較しながら分かりやすく丁寧にインプラント治療についてご説明します。
分からないことがございましたら、遠慮なくお尋ねください。
当院ではインフォームド・コンセントを重要視しています。

2.精密検査

治療に入る前にお口の中の検査をしてからCT口腔内を撮影します。 そのあと歯型を採り模型を作製します。

3.治療計画のご相談

精密検査の結果をもとに、今後の治療計画を患者様と一緒に立てます。
精密検査によって得られた資料を提示しながら治療詳細をご説明し、治療見積書、治療計画書をお渡しします。

4.各種治療

虫歯や歯周病がある場合はインプラント治療ができないため、先に治療し、口腔内の環境を整えます。
また手術前にお口の中全体をクリーニングします。

5.一次手術

治療前に当院の麻酔認定医が麻酔をかけて、麻酔認定医の許可が出てから治療を開始します。
手術は1回法と2回法がありますが、一般的に2回法を選択することが多いです。
顎の骨を削り、インプラントを埋め込んでから粘膜を閉じます。
手術後、顎の骨とインプラントが結合するまで治療期間を設けます。

6.二次手術

治療期間を経てインプラントと顎の骨が結合したら、歯肉の整形手術(2次手術)を行います。
顎の骨の中に埋まっているフィクスチャーと人口歯を作るための土台(アバットメント)を連結し、歯肉の形を整え、安定するまで再び治癒期間を設けます。
歯肉の回復を待ってから形を採り、人工歯ができ上がったら、咬み合わせをチェックして装着です。

7.メンテナンス

1~3ヶ月に一度のペースでメンテナンスを行います。
インプラントを長持ちさせて安定した状態を維持していくためには非常に大切なことなので、必ず定期的にご来院ください。

信頼性の高い「カルシテックインプラント」を使用しています

当院では、カルシテック・インプラントと呼ばれるインプラントを採用しております。
このインプラントの特徴は、骨とインプラントが 「くっつきやすい」 ということです。ですから、他のインプラントと比較して短期間で骨を造成します。また骨密度が低い方でも、安心して埋入することができます。
また、骨のくっつきやすさから、手術の回数も少なくなるので身体への負担が少ないインプラントといえます。
カルシテック・インプラントは、欧米人に比べて骨の密度が低い日本人にとって、非常に効果的なインプラントです。

当院で行なっている特殊なインプラント治療

インプラントを埋入する際に、土台となるあごの骨の高さや量が必要となります。
例えば上あごの骨は生物学的に上顎洞という空間があり、そのため上あごの骨は下あごの骨よりも少ないのが実情です。
また歯周病や長年の入れ歯等であごの骨が破壊されていたり、痩せている場合にも骨の量が少なくなります。
そこでここでは、骨の量を増やす代表的な2つの特殊な治療法をご紹介致します。

サイナスリフト(ラテラルウィンドウ法)

サイナスリフト上あごの骨の奥には、上顎洞(サイナス)と呼ばれる副鼻腔へとつながっている大きな空洞があります。 上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞が下に拡大してくると同時に失った歯のあごの骨も痩せていくので、骨の厚みが加速度的に減少していきます。 そのためインプラントを埋入するあごの骨の高さが不足することとなります。
そこでサイナスリフトという治療法を行い、その上顎洞に自家骨や骨充填材を継ぎ足しすることによりインプラントを埋入する骨の厚みを確保することとなります。 具体的には上顎洞の底部を押し上げ、そこに自家骨や骨補填材を入れることによって不足した骨を補います。 特に上顎洞底までの骨の厚みが5㎜以下と少なく、インプラントの固定が困難なケースに行われます。
骨の生成には約半年以上の期間が必要ですが、インプラントの適応を大きく拡げることができます。 ある程度、上あごの骨の厚みがある場合には、サイナスリフトとインプラント治療を同時に行ったりしますが(1回法)、著しく骨が薄い場合には、まずサイナスリフトを行い、骨が安定する約半年ほどしてからインプラント治療を行います(2回法)。

サイナスリフト(オステオトーム法)

サイナスリフトソケットリフトとも言われることがあり、サイナスリフトの一つの方法です。 基本的にはサイナスリフトと同じく、上あごの骨を隔てたすぐ上、頬骨の奥にある上顎洞と呼ばれる空洞を利用して、骨移植材を充填し、骨に厚みを加える技術です。
実際の治療法は、上あごの骨にドリルを使って、穴を開けます。 このドリルの先には上顎洞がありますが、貫通する直前でドリルをストップさせます。
そこから専用の器具を使用して、徐々に衝撃を加えながら、上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。 作業で開けられた穴に、特殊な器具を使ってすき間なく骨移植材を詰めます。 これにより、骨が厚みを増し、インプラントを埋入した後の骨の強度を上げます。
この直後にインプラントを埋入します。 この治療法の利点は、その場でインプラント治療を行える点にあります。 但し、ソケットリフトでは、新しく造られる骨の量に限界があるため、著しく骨が薄い場合には、サイナスリフトを行います。

所在地 〒123-0873 東京都 足立区扇3-1-1
電話 03-3854-6482
最寄駅 日暮里・舎人ライナー「扇大橋駅」より徒歩1分
診療時間 日・祝
10:00~13:00 remove remove
14:00~19:00 remove remove
▲土曜日14:00~18:00 休診日:木曜、日曜、祝祭日